診療科・部門

専門・認定看護師の紹介

専門看護師

慢性疾患看護専門看護師
鈴木 桂子

慢性疾患の代表格は生活習慣病です。日々の生活習慣の積み重ねによって発症する病気の総称で、日本人の約3分の2が死亡していると言われている疾患です。生活習慣病に代表される慢性疾患は入退院を繰り返すことが特徴で、患者さんの体だけでなく心にも負担を与える病気で、看護師も患者さんの生活環境などを十分に理解した上でケアしなくてはいけません。
慢性疾患看護専門看護師の仕事は、専門知識や技術の向上を図り、看護活動への研究活動に参加し支援を行うことから始まり、生活の改善の指導や回復に向けてのプラン作りの提案を行い、慢性疾患の病態生理を理解し、心理社会的な側面からも看護支援を行います。

認定看護師

日本看護協会認定 感染管理認定看護師 看護師長
島中 延枝

現在は感染防止対策委員会(ICC)の副委員長を拝命し、感染防止対策チーム(ICT)の看護師として活動しています。
感染管理認看護師の役割としては、病院内の感染症の発生の把握と感染拡大を未然に防ぐ事が大きな目的で、ICTやICCで相談・検討しながら対策を立案し実践しています。病院内の現状やデータを分析し、ケアの改善や改善後の評価を実践する院内感染サーベイランスや、病院職員への教育、感染対策に関連した相談の対応など、日々勉強をしながら対応しています。
「感染対策は一日にしてならず」 職種を問わず病院で働くすべての方の協力だけではなく、患者さん、ご家族の協力が必要不可欠なものだと日々実感しています。各職種のスタッフとより良い信頼関係を築き、一緒に相談しながら、患者さんの状態や現状にあった対策を検討し、患者さんやご家族、医療従事者が、お互いに理解・協力しながら、無理のない感染対策を実践できるよう努めて行きたいと思います。
また、院内に限らず地域の皆さまの感染対策の向上につながるような支援や活動も行っていきたいとも思います。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 看護師長
石田 敬子

摂食・嚥下障害とは”食べる能力”に広く関わる障害です。患者さんの摂食・嚥下機能を評価し、誤嚥性肺炎、窒息、栄養低下、脱水の予防に努めるケアを実施、また適切で安全な摂食・嚥下訓練の選択や実施などが、摂食・嚥下障害看護分野の認定看護師の役割になります。
「口から食べたい」という嚥下障害のある患者さんや「何とか口から食べさせたい」というご家族の思いに応えていけるよう、多職種のスタッフと協力し、知識や実践経験を積みながら、一人でも多くの患者さんの希望をかなえるお手伝いをさせていただきたいと思っております。

摂食・嚥下障害看護認定看護師
佐藤 理恵

摂食・嚥下障害看護認定看護師の役割は、安全で楽しい「食」の支援です。 そのため、嚥下機能評価、口腔ケア、安全な姿勢調整・食事援助の実践や指導、栄養管理を多職種で実践しています。
当院には摂食・嚥下障害看護認定看護師が2名在籍しており、連携を取りながら誤嚥性肺炎の発症を予防し、少しでも多くの方が安全でその人らしい経口摂取を実現するため「口から元気、そして生きる力を取り戻す」支援を目指してまいります。

PC版を表示