診療科・部門

看護部門

看護部門2階病棟集合
看護部門2階病棟

 

看護部門3階病棟集合
看護部門3階病棟

 

看護部門4階病棟集合
看護部門4階病棟

 

看護部門外来集合
看護部門外来

基本理念

一、看護を必要とする全ての人々を対象に、円滑なチーム医療を推進し安全で質の高い看護を提供します。

基本方針

  1. 医療者に必要な倫理観・使命に基づいた看護を提供するために自己研鑽に努めます。
  2. 急性期・高度医療に対応できる質の高い看護を提供します。
  3. 他の専門職と協働し、地域との連携を密にし、看護を通して地域に貢献します。

専門看護の追求

公益社団法人 日本看護協会 専門資格取得在籍者状況

資格 分野 人数
専門看護師
(Certified Nurse Specialist)
慢性疾患看護 1名
認定看護師
(Certified Nurse)
摂食・嚥下障害看護 1名
脳卒中リハビリテーション看護 1名
感染管理 1名

(平成26年10月1日時点)

当院の専門・認定看護師 認定看護師資格取得支援制度

業務内容

当院の運営方針に「医療の原点は救急である」とうち出されています。
「看護の原点も救急である」と言えます。
突然の発症で心身ともに不安を持たれた患者さんやご家族に一分、一秒でも早く急性期治療が受けられるよう職員が一丸となり看護しています。又、突然の発症はショックや不安も計り知れないものがあると思います。患者さんはもちろん、ご家族の不安が少しでも軽減されるよう精神面のケアをサポートし、皆様の心の支えになればと考えています。

また、歯科衛生士が各病棟に配置され、口腔ケアの充実を行い積極的な肺炎予防も行っております。

各病棟の役割をご紹介させて頂きます。

看護単位 内容
2階病棟 ICU4床 HCU5床 一般病床12床の計21床の病棟です。
看護体制は、7:1の入院基本料を算定しています。
ICUは、手術後や重篤な機能不全の患者さんに対して、24時間体制で看護にあたっています。
HCUは、ICU管理を脱したあとも継続的な観察や治療が必要な患者さんに対して、24時間体制で他部門と連携しながら看護にあたっています。
急性期治療終了後、病状の安定している患者さんに対して、他部門と連携しながら退院支援を行なっています。
患者さんに安全で高度な治療や看護を提供できるよう、日々精進しております。
3階病棟 脳卒中急性期の患者さんが入院される47床の病棟です。
看護体制は、7:1の入院基本料を算定しています。
脳卒中は、早期発見、早期治療がとても重要です。急性期病棟の看護職員には、安全で迅速、的確な判断が求められる看護師の役割の大きさを感じつつ、日々研鑽に励んでいます。
多職種で、患者さんの症状経過に沿ってカンファレンスを行い、患者さんの安全な入院生活と早期離床を支援し、早期社会復帰を目指しています。
また、開放病床として地域の医療機関と共同診療にも取り組んでいます。他部署と連携しながら、よりよいチーム医療を提供できるように努力しています。
4階病棟 回復期リハビリテーション病棟として届出している42床の病棟です。
看護体制は、13:1の入院基本料を算定しています。
患者さんの復帰にむけ、限られた時間を有効にリハビリテーションがすすむよう、力を合わせてチーム医療に取り組んでいます。
四季折々のレクレーション活動を取り入れ、また、過ごしやすい療養環境・雰囲気作りにも力を入れています。
回復期リハビリテーション病棟の運営をになう看護師、介護福祉士、リハビリテーション療法士、MSWにより、「療養環境」・「ケア推進」・「情報共有」・「転倒・転落予防」・「レクレーション」の各チームを編成し、提供させていただく医療の質の向上を目指す取り組みを精力的に行っています。
そこから生まれる成果が、私達スタッフの喜びにつながっています。
外来
手術室
外来は、「医療の原点は救急である」の運営方針のもとに、365日24時間救急受け入れ体制をとり、地域の皆さまに「あの病院に行って良かった」、「何かあったらまたあの病院に行きたい」と思って頂ける看護を目指し努力しています。
また、脳卒中再発予防を目指し退院後は、定期的に脳卒中教室を開催し、フォローアップしています。
当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 


 ※それぞれのコースにおいて従来の1.5テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スタンダード』と 最新鋭の3.0テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スペシャル』のどちらかをお選び頂くことができます。

PC版を表示