地域医療連携

リハビリテーションについて

あらゆる面から患者さんを援助します

リハビリテーションとは心身に障害のある人々に対し、その障害を可能な限り回復させるとともに、残された機能を最大限に活用し、より自立した社会生活を送れるように援助することです。 そのために、医師をはじめとしたさまざまな技術と知識を持った専門職者により構成されたリハビリテーションチームが、患者さんとそのご家族に対して、あらゆる面から援助を行います。

 患者様とご家族と専門職者の関係図

当院リハビリテーション科の特徴

当院リハビリテーション科は、脳神経外科対象疾患等を中心に発症直後の急性期から回復期・在宅生活に至るまで、様々な場面で患者さんの生活の質(Quality Of Life)の向上をめざして援助しています。 また、当院リハビリテーション科では肺炎等により安静状態にあった患者さんのリハビリテーション目的の入院も積極的に受け入れております。 退院後の生活支援として、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による訪問リハビリテーションや通所リハビリテーションを行っております。当院リハビリテーション科では、退院後も様々な患者さんの生活スタイル・ニードに合わせたリハビリテーションを提供しています。

発症からの流れ図

理学療法(Physical Therapy:PT)

病気やけがや高齢の影響により、身体に障害のある方や障害の発生が予測される方に対して、再び地域社会でその方らしい生活を送って頂けるよう支援する動作の専門家です。理学療法では、的確な評価により明確化した問題点に対して、運動療法(関節や筋力の機能、体力を維持・向上する目的で行う運動)や動作練習(寝返り、起きる、座る、立つ、歩く)を行い、自立した生活を目指します。またその方が持っている能力を引き出せるように生活環境に関して専門的な視点からアドバイスを行ったり、車椅子や杖や装具といった道具の使用方法の説明や、介護方法の指導をご本人やご家族の方へ行っています。

作業療法(Occupational Therapy:OT)

作業療法では、主に「作業活動」を通 してその方の持つ能力を最大限に発揮できるよう,また,その人らしい生活を獲得できるよう治療・指導・援助を行います。作業療法の「作業活動」とは、手工芸や木工・皮細工といった生産的なものだけでなく、「日常活動動作(食事・排泄・整容・更衣・家事)」や「仕事」「趣味」など、生活全般 に関わる活動の全てをさします。更に、在宅で生活されている方やそのご家族の方々が生活しやすいように指導、援助を行います。

言語聴覚療法(Speech Therapy:ST)

言語聴覚療法では話す、聞く、読む、書くことや、飲み込みのリハビリテーションを行います。言葉によるコミュニケーションや、飲み込みなどに問題のある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活が出来るように支援させて頂きます。

関連施設

荒木脳神経外科病院では、地域医療の中核病院を目指し、関連事業所と連携して患者さんへの幅広いサポートを目指しています。

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 


 ※それぞれのコースにおいて従来の1.5テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スタンダード』と 最新鋭の3.0テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スペシャル』のどちらかをお選び頂くことができます。

PC版を表示