お知らせ

花粉症について

花粉症について

花粉症1

 現在、日本人の約25%が花粉症と言われます。花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。原因となる花粉は約60種類あり、代表的なものがスギ、ヒノキです。
 今年の花粉の傾向として、東北から近畿にかけて「多い」、中国地方は「やや多い」、四国から九州にかけて「平年並み」~「やや多い」と言われています。

かぜやインフルエンザとの違いは?

2月のこの時期は、かぜやインフルエンザが流行します。それぞれの違いを以下にまとめます。

  花 粉 症 か ぜ インフルエンザ
関節痛、筋肉痛 ない ほぼない 急激に進行、症状がひどい
発熱 ほぼない 微熱が多い 38度以上の高熱
鼻水 透明なさらさらした鼻水が大量に出る 初期からひどい、初めはさらさら、後に粘り気が出る 後期からひどくなる
くしゃみ 頻回 出る 出ることがある
鼻づまり 症状がひどく、長く続く 数日間続く 症状が出る
のど 痛みや腫れは稀に出る 痛みや腫れがある 痛みや腫れがある、症状がひどい
出ることがある 数日間続く 症状がひどく、数日間続く

花粉症の対策

〇外出時の対策
 ・外出時は完全防備を:
  帽子やメガネ、マフラー等で花粉が目、鼻、のどに付着するのをカットしましょう。
 ・帰宅後は洗顔や手洗い、うがいを:
  体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。
  これらはインフルエンザ等の感染症対策にも有効です。

〇室内での対策
 ・掃除はこまめに:
  防いでいるつもりでも、かなりの量が室内に侵入します。
  掃除はこまめに行うとよいでしょう。
 ・布団や洗濯物:
  できるだけ室内に干しましょう。
  屋外に干した時には花粉を払い落としてから取り込みましょう。

参考文献: 日本気象協会ホームページ
      花粉症ナビ
   (文責:広報委員会 木村隼人)

↓↓その他、当院の病気や症状に関するページはこちらをご参照ください。

Neurosurgery Update inHiroshima

ban_1

ban_1

ban_nasva

 

第20回日本臨床脳神経外科学会

日本医師事務作業補助研究会 第8回 全国大会

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

PC版を表示