お知らせ

暑い夏は熱中症に注意!!!

熱中症とは

C_120726_001暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称です。屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こります。(日射病とは違い、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にあります。その背景の一つとしてエアコンの増加による熱のこもりやすい建築物の構造の変化が挙げられる。)高温障害にて、日常生活の中で起きる「非労作性熱中症」と、スポーツや仕事などの活動中に起きる「労作性熱中症」に大別することができます。

対策は?

①気温に気を配りましょう!
これから行く所・今いる場所の気温を気にするようにしましょう。そして暑すぎるようであればエアコン・扇風機などを使用し過ごしやすい気温にしましょう。
②飲み物を持ち歩きましょう!
熱中症予防には水分補給が重要となってきます。飲み物を持ち歩くようにしましょう。
③ひと涼みしましょう!
頑張りすぎは禁物!疲れやすくなっていると熱中症になりやすいのでひと涼みするようにしましょう。
④栄養をしっかりとろう! 十分な栄養を摂ることは熱中症予防につながります。
声を掛け合って熱中症を防ぎ夏を過ごしましょう!
参考:「熱中症 声掛け予防プロジェクト」

文責:看護部 村上 紗也佳

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

PC版を表示