症状と治療

胃潰瘍(十二指腸潰瘍)

胃潰瘍(十二指腸潰瘍)とは

主な病状・症状

胃酸により、胃の内側がえぐれた状態です。重症になると、胃壁を突き抜けてしまう場合もあります。
(十二指腸潰瘍も同様で、十二指腸の内側が胃酸によりえぐれた状態です。)

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 


 ※それぞれのコースにおいて従来の1.5テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スタンダード』と 最新鋭の3.0テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スペシャル』のどちらかをお選び頂くことができます。

PC版を表示