お知らせ

胃がんリスク検診を開始しました

一般的に「胃がん」は減っていると言われています。
統計でみると確かに胃がん死亡率は減少しているようです。
しかし、「胃がん」になる人の数(罹患数)は、人口高齢化の影響で非常に増えているようです。
つまり、「胃がん」になる人は増加していますが、完治する人が多いため、死亡する人はあまり増加していません。「胃がん」が減っていると言われるのは、胃がんの早期発見・早期治療の進歩が著しいと考えられています。
■最新がん統計のまとめ

平成17年の罹患数(全国推計値)が多い部位について

  1位 2位 3位 4位 5位
男性 前立腺 結腸 肝臓
女性 乳房 結腸 子宮
男女計 結腸 乳房 肝臓

独立行政国立がん研究センターがん対策情報センター HPより抜粋

そこで、当院では地域住民の健康増進に寄与したく、「胃がんリスク」の早期発見のために新しい検診法を導入することにいたしました。
「胃がん」 に 「なり易いか」 「なり難いか」 を簡単な血液検査で判定できますので、健康チェックのひとつとしてご利用いただければ幸いです。 (詳しくは コチラ をご覧ください)

診療部長 消化器科 渡辺 健一

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

PC版を表示