採用情報

看護部門

看護部教育理念

看護の目的は、あらゆる健康状態にある人の健康問題を査定し、その人がより健康的な生活ができるように援助することである。

時代・地域のニーズに応え最善のケアを提供していくために、専門職業人として組織の発展や質向上を目指し、組織の活動に貢献できる能力と豊かな人間性を養う。

そして、対象を尊重し、看護を必要とするあらゆる場面において、主体的に看護を実銭出来る人材を育成する。

荒木脳神経外科病院の看護職者として、看護の目的を達成するために、以下を実践できる看護師を目指し、日々研鑽する。

  • 「看護者の倫理綱領」を看護行動の基軸とし、専門職業人としての課題を自覚する。
  • あらゆる場面において専門的知識や技術を養い、質の高い看護を提供する。
  • 限られた条件の下で最も有効なケアを提供するために、管理能力を育成する。
  • 臨床や地域の中で研究に取り組む事により、看護実践能力を高め、住民の健康レベル向上に寄与する。
  • 自らの人間性や能力の向上をめざすと共に、後継者の育成に力を注ぐ。

第20回日本臨床脳神経外科学会

日本医師事務作業補助研究会 第8回 全国大会

Neurosurgery Update inHiroshima

ban_1

ban_1

ban_2

ban_nasva

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

PC版を表示