診療科・部門

診療部門 栄養サポート

診療部門 栄養サポート集合栄養サポート部は、サポート部長である医師1名、管理栄養士2名、計3名で構成されています。

 

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

NSTとは、個々の患者さんに合わせた適切な栄養管理(栄養サポート:Nutrition Support)を行うために、専門的な知識や技術を持った医師や看護師、薬剤師、管理栄養士などが一致団結した集団(チーム:Team)です。
当院では平成22年8月よりNST活動を開始し、栄養状態を改善し治療効果を上げていくことをチーム全員でサポートしています。

NST構成メンバー

職種の壁を越え、栄養サポートを実施する多職種からなるチームで構成されています。
NST専門療法士2名(看護師1名、管理栄養士1名)を配置し、患者さんが一日でも早く回復できるようチームを中心に病院全体で支援していきたいと考えております。

多職種チーム

医師、看護師、薬剤師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、臨床検査技師、管理栄養士(専従)

業務内容

「早期に栄養障害を発見し、個々に合わせた安全で効果的な栄養管理を行う」ことを目標に、専門的な栄養管理を必要とする患者さんに対し、栄養状態を把握し、最適な栄養投与経路の選択と、必要な投与カロリーの量と投与成分を決定します。
週1回、チームで症例検討会や回診を実施しています。嚥下障害や低栄養状態の患者さんを中心に、嚥下機能や栄養状態の評価を行い、身体計測や血液検査をもとに、栄養状態の変化の確認や再評価を行っています。

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 


 ※それぞれのコースにおいて従来の1.5テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スタンダード』と 最新鋭の3.0テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スペシャル』のどちらかをお選び頂くことができます。

PC版を表示