お知らせ

冬の高血圧に注意!

B_130111_001

冬場は寒さのため、血圧が上昇します。そのため普段から血圧をコントロールしておかないと極端に高くなります。高血圧は自覚症状がないことも多く、軽視されがちですが、しっかり管理しないと脳卒中や狭心症の発作の要因にもなります。血圧の管理をしっかり行い、冬の寒さに注意しましょう。

B_130111_002

冬の早朝は、特に気温が低いので血圧について特に注意が必要です。血圧とは心臓から送り出された血液が動脈の壁を押す圧力のことで、心臓が収縮した時の血圧を最高血圧、拡張した時の血圧を最低血圧といいます。 最高血圧が140以上または最低血圧が90以上の場合を高血圧といいます。

B_130111_003

冬の高血圧に対して一番注意するポイントは体が感じる温度の差を小さくすることです。日頃の自分の血圧を知っておくことも重要です。血圧が上がりやすい冬だからこそ自分自身の血圧をしっかり管理することが大事です。 対策として、以下のような方法が挙げられます。

  • 室内のみでなくトイレや脱衣所も暖める工夫をする。
  • 早朝は布団から飛び起きたりせず、ゆっくり行動をする。
  • 起床時には部屋が暖まってから着替える。
  • 洗顔はぬるま湯を使用し、温度差を和らげる。

参考資料:厚生労働省 高血圧ホームページより
文責 事務部 位田 倫人

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 


 ※それぞれのコースにおいて従来の1.5テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スタンダード』と 最新鋭の3.0テスラMRIによる検査を受けて頂ける『スペシャル』のどちらかをお選び頂くことができます。

PC版を表示