お知らせ

そろそろ熱中症の対策を!!

熱中症1

熱中症とは体温が上がり体内の水分や塩分のバランスが崩れ、めまい、けいれん、頭痛など様々な状態を引き起こし、重篤の場合は死の危険性もあります。

熱中症が起こりやすい場所とは?

熱中症2

熱中症といえば、真夏の暑い太陽の下で運動している時に起こると思われがちですが、そんな場面ばかりではありません。梅雨の合間に突然気温が上昇するなど、暑さに慣れていない時期にかかりやすい病気でもあるのです。消防庁の統計によると、熱中症による救急搬送のうち、約半数は高齢者であり発生場所は屋内が多いそうです。屋内でも十分な水分補給や休憩が必要ですね。
具体的には次のような環境では注意が必要です。

  • 気温や湿度が高い。
  • 風が弱く日ざしが強い。
  • 照り返しが強い。
  • 急に熱くなった。

どうやって熱中症を予防するの?

熱中症を予防するには、以下のことに気を付けましょう。

  • 暑さを避ける
    外出時はなるべく日陰を歩き、帽子や日傘を使用するなど心掛けましょう。
    家の中はブラインドを使用するなど、直射日光を遮りエアコンで温度・湿度を調節しましょう。
  • 熱中症3服装に気を付けましょう
    外からの熱の吸収を抑えて体内の熱をスムーズに逃がす服装が理想的です。
    一例 吸収性や通気性の高い綿や麻素材の洋服。
       熱がこもらないように襟や袖口が開いたデザインがおすすめです。
  • こまめな水分補給  のどが渇く前に水分を補給しましょう、ただしコーヒーなどカフェインが多く含まれている飲み物は利尿採用があるので適しません。
     汗を流した際は、水分と共にミネラルも失われるのでミネラル補給も大切です。
     ミネラル補給はスポーツ飲料でも補給できますが糖分も多いので飲み過ぎには注意が必要ですね。ミネラル補給は麦茶もおすすめです。
  • 暑さに備えた体つくり
     適度な運動で汗を流す習慣を身につけることも大事な予防法の一つです。
     日頃から暑さに慣らしておきましょう。

熱中症に気を付けて今からの暑い季節を楽しみましょう。

参考文献 公益社団公人 全日本病院協会ホームページ
環境省 熱中症予防情報サイト
消防庁 熱中症により救急搬送の状況
(文責:広報委員会 先家 朋恵)

Neurosurgery Update inHiroshima

ban_1

ban_1

ban_nasva

 

第20回日本臨床脳神経外科学会

日本医師事務作業補助研究会 第8回 全国大会

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

PC版を表示