HALを使用したリハビリテーション

  • ホーム
  • HALを使用したリハビリテーション

HALを使用したリハビリテーション

 ニューロリハビリテーションとは、一般的には神経疾患(脳・脊髄・末梢神経などの病気)に対するリハビリを指します。最近では、脳梗塞により障害された細胞を再生させる研究が進んでいます。このような再生医療など、研究によって明らかになった脳化学をリハビリ医療に応用した評価・治療方法がニューロリハビリテーションと言われています。
 近年、リハビリテーション分野では、ニューロリハビリテーションが注目を浴びています。当院で使用しているCYBERDYNE株式会社が開発したHAL®(Hybrid Assistive Limb®)は、ニューロリハビリテーションの中でロボットリハビリテーションとして位置づけられており、より効果的に麻痺の改善や運動学習を行う選択肢の1つとして、注目を集めています。HALは、人が「身体を動かしたい」といった脳からの信号をキャッチし、その信号を増幅・コントロールすることで円滑な運動を援助します。そして上手く動かせたといった感覚を反復して経験することで脳は身体の動かし方を再学習します。

HAL01 HAL02

単関節タイプを使用した訓練(膝関節)

HAL03

使用前


使用中


使用後

HAL04

 

 

単関節タイプを使用した訓練(肘関節)

使用前


使用中


使用後

HAL05

下肢タイプを使用した歩行訓練

使用前


使用中


使用後

HAL07

Neurosurgery Update inHiroshima

ban_1

ban_1

ban_nasva

ban_2

第20回日本臨床脳神経外科学会

日本医師事務作業補助研究会 第8回 全国大会

当院の脳ドックコース

脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

 

プレミアム脳ドック

MRIによる検査および脳神経外科専門医による診察

PC版を表示